誰の役にも立たないこと

誰の役にも立たないし
何の為にもひとつもならん
そんな事をやりたい・・・
(宮沢賢治風)

なんだか、けしからん文章だけど
私の想いがここにいっぱい詰まってて
いつも、そう思っていて
よく使う言葉。
行間たくさんで…

それは、風が吹けば桶屋が儲かるだろ。と私に言った人がいて
笑った。

さて、私が嫁いだばかりの頃は
3世帯同居で
お義父さんお義母さん夫婦
弟家族
私の家族で家はごった返していた。
10人以上のご飯の支度を
1つのキッチンで嫁3人がこしらえるんだから・・・笑

お母さんは行きつくところまで若嫁を
仕上げないといけないから
大変だったと思う。
当時
いかの塩辛はなぁ1cm弱に切るんやで。
その大根は2cmの短冊やな。
サバ寿司は3cmくらいにしとこか。と
長さの単位がよく出てきた。
私はそのたびに
おかあさーんどのくらい?3cmってどのくらい?って
聞いてた。お母さんは嫌な顔ひとつせず
こんな感じや。あ~それはぶ厚すぎる。とか
見せてやって教えてくれた。当時20歳も過ぎた
生意気な小娘に…

当時から学習塾をしていた私は
cmって知ってても使えへんって事を目の当たりにして
なんだかわからないけど
長さの授業の時はいろんな体の一部をはかりまくる。
子たちとはかりまくっていた。
すると、手の指は3つに分けられていて
その真ん中の長さは人差し指・中指・薬指も
だいたい2cmで小指の真ん中はだいたい1cmという事を知った。
料理の具材を切るときにとても役立った。
1cmと言われて小指の真ん中の長さを見る。

私の小指の真ん中が1cmという事は
誰の役にも立たないし
何の為にもひとつもならん
情報だと知ってるけど・・・

子たちと一緒にずっとやり続けたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました