子育て学校

選んだ道を最善にしてゆくんだね

【欲を発動し欲を発動させる事】

どうぶつはやくちあおうえお という本を
先日のBOOKPOSTで知った。
読んでいてなんだか楽しかった。
何で楽しいんだろう?と考えてた。
その本の説明は
とうきょうとっきょきょかきょく 的なと伝え。
そのリアルの会では
眠れる森の美女 の 眠れる は
森 にかかるのか?
美女 にかかるのか?
なんて話していて・・・
BOOKPOSTが終わってから
一休さんの話を思い出した
ここではきものをぬぐべし
句読点って書き手が読み手に自由を与えないんだぁ~って思った。

履物を脱がせたいなら
ここで、はきものをぬぐべし。とするし
着物を脱がせたいなら
ここでは、きものをぬぐべし。とする

だけど句読点がなかったら
読み手の自由はひろがるし
どちらだろう?と、迷ってもその時の状況を見るだろう。
めちゃめちゃ脳みそ使うやん。って考えた。

ふじやまともこさんじゅうにさい。とか 笑
その人の事思うし
大体の見当をつけてくる。
早速授業でやってみる

幼児さんたちは語彙も少ないし
はげたかいつはげたかげたはけたか
なんて読もうとするなら
本気で集中して挑戦しなければならない 笑
五十音の1文字の音をつなげて言葉にして意味のあるものを
作る事が楽しい。
文章を読めなくてはいけないとか
読解力を付けなければいけないとか
この筆者の言いたい事は?とかじゃなくて
単純に1文字の音がつながって言葉になって
意味とつながった事が
楽しくて嬉しかったんだ!

そんな事にたどり着いた。
小学生も中学生も
授業に取り入れる事に決めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です