京都 子育て学校

最善を一緒に考えよう!

-親の子育て教室の事例-

そんな気がする。

【考える力】が独り歩きしてる気がする。
考える。という能動的な活動に取り組んでいる一人です。
考える。の次に理解する。がやってくる気がする。
理解する。の次にはそれを表現する。がやってくる気がする。
表現するのには視覚化するためにも活字で表現出来る事が
重要ではないかという気がする。
その表現したことが第三者が理解できない物であったり、
読み上げてみて自分でも
意味が分からんようになった時、それは自分自身が
理解できていない気がする。
理解できていないならその考えはまだまだ向上の余地があるのでは
ないかという気がする。
自分が時間をかけて考えて分かったことを伝えたいと思って書く事は
本当に理解したのか?の自分への確認作業の要素が強い。
確認作業はやっぱり必要だ。

藤山のブログはさっぱりわからん…との声多し。
考え浅く理解浅いという事だと思う。
理解したぞ。という勘違い。
私が理解したかしていないかは読み手が決める。
書くことが非常に弱い自分だから。
毎年言ってるけど本年度の目標は
端的に物事を的確に伝える事と言い続けてる…

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

藤山 智子
藤山 智子(フジヤマ トモコ)1975.1.17生 京都子育て学校 代表 1997年に個人塾をはじめ時代とともに形を変え22年目の現在 「人は人の中で育つ」を軸にした子育て学校では 暮らすように学ぶ 【夜ごはん教室】 生きた学習支援 【空塾】 こども農業体験  【あぐり教室】 フィールドワーク 【自然教室】 食育 【パン教室】 夏休み冬休み  【朝ごはん教室】 地域社会との接点【田舎マルシェ】 お母さんの交流 【学力向上研究会】 お母さんの交流 【子育て読書会】 お母さんの交流 【子育てサロン】 などで子達やお母さんたちと関わらせて頂いております。 ▶教育ブロガー 京都子育て学校ブログ https://fujiyamatomoko.xyz ▶教育YouTuber 子育て学校チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCrR8Ml0gQHiihUG15c2QKYw?view_as=subscriber としても活動中 【保有資格】 幼稚園・小学校教育職員免許 食育インストラクター認定プライマリー ミッションステートメント 7つの習慣チームリーディング修了認定