⑩公的な縛りの無い中で暮らすように学ぶ子たちの姿

➡︎夕食の様子

アレルギーでも参加できる!他者と共に育つ根源です
社会で気持ちよく過ごせる子育て
-夜ご飯を共にする塾での事例-
For All Kids
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”fujiyama1.jpg” name=”こんにちは!子育て教育家 藤山智子です”] 全人格を豊かに皆さまと共に育ちたいと思っています。深刻なお悩みを抱えられる子育てママの為の公の所では目の行き届かない1人1人のお子様と関りを深めています。 [/speech_bubble]
-良く閲覧される記事はこちら-
【3歳から小学校入学までの『壮絶な成長発達の話』】
*【こども山登りで子たちが考え創造し選択して成長する話】
*精神的な充実がある人とない人ではそれは子育ても変わってくる話『お母さんの為の子育て読書会』
*小学生のパン教室で自分で作れる喜びを知る話

⑩公的な縛りの無い中で暮らすように学ぶ子たちの姿

今回は社会で気持ちよく過ごせる子育て -夜ご飯を共にする塾での事例-第10話をお伝えしてまいります。

第1話~全てはこちら→【夜ご飯を共にする塾での事例】

 ルール表

夜ご飯を共にする学習教室-For All Kids-
17:00~20:00のご家庭の時間を少しお借りしまして子たちと共にどのように育ってゆこうかと皆さまのご協力を得て始めております。
ソーシャルトレーニング・SST・コミニケーション能力など
子達の人間関係のお悩みをスッキリ解決したいとお考えの方は
ぜひご一読ください。
それを取り巻く原因は多方面にありますが
家族以外の第3者とのめぐり逢いが大きく影響します。
なぜなら
第3者と過ごした特別な環境での心の動きが記憶に
影響を与える脳の仕組みがあるからです。
情緒・感受性の動きが記憶の大きさに関わることは、
皆さまもご経験がありよくご存じかと思います。
脳科学や心理学からもアプローチする事で
子たちへの愛情と共に発達は加速します。
こんな環境でお子様が学ばれる事は今まで解決できなかった
ソーシャル面でのお悩みをスッキリ解決させることができます。

さて、ニワトリちゃん達の飼育活動から始まります(笑)

本当は何時間でも遊んでいたいんですけど…
リーダーに呼ばれます。

『そんな事ばかりしていると
ご飯が食べれない!ご飯とお茶は時間がかかるから
僕がやっておいたから早くやろう!』

『ありがとう!僕やるわ。』

『私も取り返すわ!』

お経を唱えて鼻血を止めていたり
あちらこちらで互いを確認しながら
コミニケーションが絶えません。

役割に追われますがみんなやりたい!やりたい!と
お願いせずとも集まってきます。

今日は外で食べました。
『外で食べるのはお花見以来ね♪』
そう言っていました。
ああ、色んな記憶を結び付ける事が出来るのだなと
嬉しく感じていました。

本日はルール表たるものが作られました。
働きが悪いとシールを貼られる仕組みです。
大変恐ろしいルール表です。
このルール表を囲みましてお話をしました。
働きすぎる人はどうしてそうなるのか?
お任せしたくなる人はどうしてそうなるのか?
みんなで自分の事を考えました。
働きすぎる人は指示を出してない…
お任せの人は誰かがやってくれると思ってる…
そんなこんなで
本日も色々ありましたが無事終了しました。

無料体験中!


お問い合わせやお申し込みは
公式LINE@が簡単便利です!
こちらの友達追加をクリックでどうぞ。
友だち追加
メールの方は
こちらからお気軽にどうぞ → 📧
さて、次回のお話は第11話は
こちら→⑪ソーシャルスキルって座学でどうするん?社会は現場で出来上がる。

イベントのお知らせ

本当は皆さんとお会いしたいと
想っております。
>>>>>イベント
お時間あえばいらしてください。

子育て講座をしています。

簡単とかすぐにとか一瞬でとかこれ1回で!とか
あり得ません。魔法とか使えません。
答えは一つじゃないから、思考を広げるのには時間かかります。
思考は子育てにとどまらず人生を作ってゆきます。
マザーズサポータークラス(思考の準備体操クラス)
ペアレンツラーニングクラス(幼児・小学生の子育て)
家庭内療育クラス(中学生・青年期の子育て)

子達の教室各種

人が作る人の場所で
保護者と本人が同じ方向を向いて進みだすと
人生がうまくいく
▶幼児さんから若者への『やまもと式療育教室』
▶小学生への個別指導『空塾』
▶小学生への 夜ご飯を共にする学習教室For All Kids
▶中学生への個別指導『やまもと式トータルサポート』

お問い合わせやお申し込みは
公式LINE@が簡単便利です!
こちらの友達追加をクリックでどうぞ。
友だち追加
メールの方は
こちらからお気軽にどうぞ → 📧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました