京都 子育て学校

乳児教室・幼児教室・小学生塾・中学生塾・高校生自立支援・親の子育て教室

-親の子育て教室の事例-

ご感想頂いております。

春はしらうおのお造りをよく食べます。
ポン酢をかけて食べると美味しい。
魚と言う生物の頭から尾まで全てを食しているという事。

しらうおのお造りが終わると次の旬はのれそれのお造りが
食卓に登場します。
魚と言う生物の頭から尾まで全てを食しているという事。
昨日の保護者支援の授業での補足です。
文学・映画・中東という切り口から食育をやりました。
子育てを学びに来て子育ての知識を得るのは当たり前で
一見違う事柄や出来事からでも子育てにつなげられる事を
考える力ラーニングというんとちゃうんかなぁ~
もっと言うんやったら
自分の身の回りに起きる事見える景色を自分の幸せに
つなげる為に考える事をラーニングって言うんとちゃうのかなぁ~
昨年の生徒さんからのご感想頂いておりますので
ご紹介いたします。

ぺアレンツラーニングを受講した1年間

月一回の講座は私の怠け心に刺激を与え、自分と向き合う為の時間でした。 大変なことは後回し、いつも自信を持てず、人の先頭に立つのも苦手。 そんな私が講座に見合う自分になれるのか、初めは何かやらなければと気持ちばかりが焦っていましたが、まずはやれることからやる、小さな目標を立てて実現する事を心がけました。 講座の中では禅、アドラー、論語なども出てきて、日常では多方面から物を見ること、目的を持って行動することを意識する様になりました。 相手の1つの行動を見ても、何を伝えたいのか、見るべき所を見極める。一を聞いて十考える。それによって相手を理解し、今まで以上に深くコミュニケーションを図ることができる様になりました。 今私たち親子は、「幸せに向かって選択できる人生」の為の挑戦をしています。 中途半端で将来が見えず、モヤモヤとした気分で毎日を過ごしていましたが、目的をしっかり持ち、前へ進むと決めた途端、目の前の世界が大きく広がり、明るくなった様に感じました。 ぶれない気持ちで相手にうまく伝える。これは講座を受けて身に付いた事だと思います。 それでも不安になることもありますが、そんな時には一年間一緒に学んだ仲間が見守り、支えてくれます。 本当に沢山の学びと出会いの一年間でした。 「一年後どうなっているのか楽しみです。」 一番初めの講座を受けた後、先生にこの様な事をお伝えしました。 今はこの今の挑戦の為に学んできたのだなぁと思います。 これからまだまだ続く挑戦ですが 、まずは母である私が人生を楽しみ、子どもの一歩先を歩いていきたいと思います。 その為にもこれからも学び続けたいと思います。 自信がないのは準備不足だから。まずは「すぐやる!」を目標に次の一年も頑張りたいと思います。 これからもよろしくお願いします。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

藤山 智子
藤山 智子(フジヤマ トモコ)1975.1.17生 京都子育て学校 代表 1997年に個人塾をはじめ時代とともに形を変え22年目の現在 「人は人の中で育つ」を軸にした子育て学校では 暮らすように学ぶ 【夜ごはん教室】 生きた学習支援 【空塾】 こども農業体験  【あぐり教室】 フィールドワーク 【自然教室】 食育 【パン教室】 夏休み冬休み  【朝ごはん教室】 地域社会との接点【田舎マルシェ】 お母さんの交流 【学力向上研究会】 お母さんの交流 【子育て読書会】 お母さんの交流 【子育てサロン】 などで子達やお母さんたちと関わらせて頂いております。 ▶教育ブロガー 京都子育て学校ブログ https://fujiyamatomoko.xyz ▶教育YouTuber 子育て学校チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCrR8Ml0gQHiihUG15c2QKYw?view_as=subscriber としても活動中 【保有資格】 幼稚園・小学校教育職員免許 食育インストラクター認定プライマリー ミッションステートメント 7つの習慣チームリーディング修了認定