療育教室で彼の発達が目に見えて現れた具体的な5つのステップの解説

未分類
Free-Photos / Pixabay

やまもと式なら!はっきりとした効果を感じます
目を見張る発達子育て
-豊かな心が育つ-
3・4・5歳の幼児教室

Lof教育センター京都校
【豊かな心が育つ幼児教室の事例】


↑確かなエビデンスの中で
信頼を置ける指導者が作るプログラムが
どれほどの成長発達になるか

沢山の人にお読みいただきたいです。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”fujiyama1.jpg” name=”こんにちは!全人格を豊かに皆さまと共に育ちたい。深刻なお悩みを抱えられる子育てママの為の公の所では目の行き届かない1人1人のお子様を見る子育て教育家藤山智子です”/speech_bubble]
-良く閲覧される記事はこちら-
*幼児教室の話
*夜ご飯を共にする学習塾の話
*小学生の個別指導塾の話
*こども山登りの話
*中学生の個別指導塾の話
*お母さんの為の子育て読書会の話
*親の子育て教室の話
*小学生のパン教室の話

療育教室で彼の発達が目に見えて現れた具体的な5つのステップの解説

 

 親御さんのご協力に感謝

彼のプログラムは
お顔洗いから始まります。
言葉は突然ふってはこないと思っています。
刺激を入れられる事は可能な限り全てやります。
水 冷たいね ゴシゴシ 目が痛い
感覚的なものと言葉はつながっていると思うのです
言葉の一番初めは
紙と鉛筆では教えないと思うのです。


口の中の動きも
じっくり見ます。
舌の動きはどうかなぁ~
うがいを始めました。

始めは
ごくごく飲みました(笑)
も~飲んだらブ-!

今日はぐちゅぐちゅペーも出来ました
(嬉しー♪)

フラフラと動き回ってしまいジッとできない。と聞くと
きっと彼は
同じ姿勢を継続する方法を知りたがっているんだなぁ~と
思います。
正しい姿勢は体幹によってつくられます。
正しい姿勢はやがて集中力に影響を与えます。
まずは体幹に有効な
歩行プログラムを始めます。
歩行のリズム、ペース途切れる事のない一定の継続で
続けてゆきます。

朝食もこちらでいただきますが
姿勢正しい椅子の座り方で大変お行儀よく
食事をとる事が出来ます。

彼のビジョンもじっくり見ていると
追従運動は出来ますが長くは続きません。
目と手の協応が必要です。

目の前の食事にも
マッハの速さで手が伸びていましたが
必ずしばらく落ち着かせてから
食べるように工夫を入れると
落ち着いてきました。

歩行とジャンプのプログラムを
さらに継続すると
綺麗にヘアスタイルをセットします。
彼はこの時間が大好きです。
静かに鏡を見ています。
かっこいいね~
気持ちいいね~と声をかけています。

プライベート療育の間
床に寝そべったり
私に体重をかけてきたり
どこかにもたれかかったりする事が
無くなりました。

本日も
プログラムをしながら
嬉しくて嬉しくて
仕方ないのです。
前の記事は←こちら

▶お問い合わせ

LINE@からの
質問・お問い合わせ・お申し込みは
友だち追加

 

イベントのお知らせ

本当は皆さんとお会いしたいと
想っております。
イベント

子育て講座をしています。

簡単とかすぐにとか一瞬でとかこれ1回で!とか
あり得ません。魔法とか使えません。
答えは一つじゃないから、思考を広げるのには時間かかります。
しっかり丁寧に自分の土台をつくりませんか?
思考は子育てにとどまらず人生を作ってゆきます。
子育て悩み解消クラス
幼児・小学生の子育てクラス
中学生・高校生の子育てクラス
こどもの困り疑似体験講座

こどもの教室各種

人が作る人の場所で
保護者と本人が同じ方向を向いて進みだすと
人生がうまくいく
0.1.2歳の乳児教室
3.4.5歳の幼児教室
小学生の個別指導塾
小学生の夜ご飯を共にする学習塾
中学生の個別指導塾
高校生の不登校自立支援

無料体験実施中です!
▶お問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました