療育での発達 見るべき ポイント はココです!

➡︎学習塾の様子

S__4546569

『もっと出来ると思ったのに出来なかった~』
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

療育S&Eプログラムでは
脳と身体を発達させる脳機能に刺激を
与えて脳機能をどんどん発達させてゆきます。

その2時間のプログラムの中には
視覚処理機能からの
読み書き集中力等々を高めてゆく
ビジョントレーニングを取り入れています。

そのビジョントレーニングでの出来事
『もっと出来ると思ったのに出来なかった~』
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
一生懸命 一生懸命
本当に意欲的に頑張る
達成する経験も増えて
頑張ればできる!山を乗り越えた。

その山は越えたけど

発達には終わりがない。
越えても越えても次から次から
山が現れてくる
それはその山を越えようと思う人にしか
見えない。

一生懸命一生懸命は大事

だけど上手にすることが目的じゃない。
そりゃ、何でも上手にできればいいけれど
そうそう都合の良い事もない。

その過程で
どれだけの感情が動いて
なんでだろう?なんでだろう?って
ぐるぐる思考が生まれて
次はこうするぞ~って行動して
沢山の経験を積んで
一緒に笑ったり怒ったり泣いたりしてくれる
人たちがいて
なんて幸せなんだろうって思考が芽生えるように
なれば、生きやすくなるなぁ~って思う。

子ども達を見ていていっつも思う。
私と一緒だなぁ~
本当は私だって
『もっと出来ると思ったのに出来なかった~』
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
って泣きたいけど
大人やし・・・
感情も多少なりともコントロールできるし・・・
こらえるけど・・・
そんな時にいつも思う事は
一生懸命と言う言葉についてです。

次回は『一生懸命』を書こう!

療育S&Eプログラムの
体験はお気軽にどうぞ♪

お問い合わせ・お申し込みはこちら
お問い合わせフォーム

療育と学習支援 (1)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました