YouTube子育てチャンネル

わかりやすい
子育て情報を
お母さんに発信しています

チャンネル登録お願いします

バスがだめなら飛行機があるさ

『バスがだめなら飛行機があるさ』

内館牧子 さん 作
11章からなるこの作品はあらゆる女の種類が書かれている

短編集で読みやすい。

毛利元就のドラマに出てくる女たちと照らし合わせて

書かれているが平成の現代にも何ら古い感ないどころか

むしろ共感するほどで笑う。

自分がどの種類の女であるか?を問うているようには感じなかった。

この物語からの私へのメッセージは

どの種類の女も持ち備えていれば最強である!と

言っているように聞こえた。

やっぱり、ええ女って七変化するっていうからなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました