京都 子育て学校

人生は考えて行動する場所

-親の子育て教室の事例-

子どもが鉛筆をかじりすぎて芯でお口が真っ黒になってしまう事でお悩みのお母さまへ

誰かに打ち明けてね♪

『鉛筆ガジガジを学校の先生に言われました。気づいてはいるのですがどうすればいいでしょうか・・・』
お母さまは少し困った様子でした。
ご家庭で気付いてはいるもののなんとなく放置してしまって
学校の先生から指摘を受けると
なんだか大事件のように思えてくるなぁと思うのです。
まずは
そばに相談できる人を作る事。
そして些細なことだと思っても相談することが
解決への道になります。

見たまんま

お宅のお子さんいつも、鉛筆をかじっています。とか
消しゴムちぎってごみいっぱいです。とか言われても
見たまんまの事で誰でもわかる
見りゃわかる。ってことで
返答としては『ああそうですか・・・すいません』
しか言えないようにな気がする。
だけどそこで
こうされてはどうでしょうか?
まずはこれを試してみますか?
試してダメならまた方法を考えましょう。と言われると
一つの方向性が見えて立ち止まらなくてすむ。
これが助言助けの言葉でアドバイスだと思う。

ちょっと待っててスマホとってくる

さて、鉛筆カジカジのご相談を受けている時に
同じクラスのお母さんがお近くにいらっしゃいました。
『ちょっと待っててスマホとってくる。』そう言って
お車からスマホ片手にこれこれと見せてくれたのが
こちらです。

これは売り切れだけど説明文が良かったので

検索ワードがわかれば
どんどん探してゆけます。←こちらも

売り切れじゃないキャップはこちら

どれがお子様に合うのか?これがわが子にとって幸せなのか?
それを試行錯誤しながら進めてゆく事が子育てなんだと思います。
そして
『ちょっと待っててスマホとってくる。』
↑これが本当のアドバイスなんだと感動していました。

事態が解決へと進んで行く言葉

ご家庭でどうにかしてもらえませんか。とか
それやめてください。とか
宿題しっかりやって下さい。とか
見たまんまは
ご家庭を苦しめる事があるなぁと思う。
助けになる言葉 助言 アドバイスは
相手がやってみよう!と進みだせるエネルギーを
与えるものであるのだと思う。

昨日の教室の始まりは
先輩ママと新1年生ママの素敵な光景を見ることから始まって
あたたかな気持ちでスタートさせることができました。

進みだせるエネルギーはアドバイスから生まれるけど
進む方向は自分で決めるしかない。
だけど試してみる価値のあるアドバイスは多いと思う。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

藤山 智子
藤山 智子(フジヤマ トモコ)1975.1.17生 京都子育て学校 代表 1997年に個人塾をはじめ時代とともに形を変え22年目の現在 「人は人の中で育つ」を軸にした子育て学校では 暮らすように学ぶ 【夜ごはん教室】 生きた学習支援 【空塾】 こども農業体験  【あぐり教室】 フィールドワーク 【自然教室】 食育 【パン教室】 夏休み冬休み  【朝ごはん教室】 地域社会との接点【田舎マルシェ】 お母さんの交流 【学力向上研究会】 お母さんの交流 【子育て読書会】 お母さんの交流 【子育てサロン】 などで子達やお母さんたちと関わらせて頂いております。 ▶教育ブロガー 京都子育て学校ブログ https://fujiyamatomoko.xyz ▶教育YouTuber 子育て学校チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCrR8Ml0gQHiihUG15c2QKYw?view_as=subscriber としても活動中 【保有資格】 幼稚園・小学校教育職員免許 食育インストラクター認定プライマリー ミッションステートメント 7つの習慣チームリーディング修了認定