すぐにわかる事とすぐにはわからん事。

すぐに理解できる事とすぐには理解できない事は
長~い人生の直線状にあると想ってる
理解できる事と理解できていない事をフレームで分ける事は
できひんわ。

9÷2=4・・・1
すぐに理解できた!と子ども達は喜ぶし
時に上手に教えて下さってありがとうございます。とか
言われて、私はまんざらでもない顔をしてる。
だけど、私が伝えたい事はそこじゃない。
9個のあめちゃんを2人の兄弟が分けて
残りの1こはお母さんにあげるとあめちゃんは余らない。
あまりなしのわり算になる。
遅刻はダメな事ですと理解しても
途中、けが人を病院まで運んで遅刻したなら
怒られるどころか称賛される事もある。
褒めて育てよう!が定着し、良い事なんだろうと
想うが『よーしよ―し、いい子、いい子』と
やっているのを見ると子どもはペットではないと感じる事もある。

子どもも私達も一緒やなぁ~とつくづく思う
『わかった!』これがスタートでそこから学ぶ事をやめたら
わかる事はそこまでとなる。
時間がたち経験を積み日常の様々な体験の中で
『わかった!』は色を変え形を変え様々な姿に変化する。
そして、浅かったなぁ・・・と少し反省しながら
また、次のわかった!に進みだす。

昔、9÷2=4・・・1の文章問題を解いている子どもがいた。
あきらさんは と書かれていた。自分の名前と一緒で
イメージもグンとわいたと思う。
あきらさんとよしこさんがおはじきを分ける問題。
『おはじきって・・・そんなもんわけたいか?』なんて私が言っていたら。
彼はプリントを持ってきた。
式 9÷3=3 答え 3こ  と書かれている。
『先生も入れて分けた。余らすよりもみんなで分けた方が良い!』
そう言った。
100点に決まっている。

お知らせ
「やまもと式支援プログラム」は発達障害の子どもや若者へのプログラムとしてだけではなく発達の偏りがあり、生きづらさを持つ子どもや若者にも大変効果があると言われています。なぜなら中枢神経系の機能に働きかけるプログラムであり、また、カウンセリングであるからです。時にはコミュニケーションスキルアッププログラムであったりします。
故に、障害のある無しに関わらずあらゆる子どもや若者に是非試していただきたいプログラムです。
特に最近は高校、あるいは大学に入学したけれど、うまく適応できず不登校、休学している若者がどんどん増加していて、相談ごとも非常に多くなってきています。成長してからの、しかも障害域ではない程度の困り感を持つ若者へのサポートはほとんどありません。
どうか、一度ご参加くださり、効果を実感し、集まってくる仲間と苦しさを共有して励ましあい..と共に前に進む勇気が生まれることを願っています。
尚、若者が参加費を負担することも考えほかのプログラムより入会金や参加費を安価に抑えています。
是非、この機会にご参加下さい。

〇詳細〇

日時:2016年5月22日(日) 16時半~17時半
場所:東京都中央区東日本橋
参加対象:10代後半から20代前半位
持ち物:動きやすい服装でお越しください。
(裸足になって体を動かします)
水分補給をご持参下さい。
参加費:入会時:NPO法人入会金1,000円
NPO法人年会費1,000円
月会費:5,400円(税込)
※別途、NPO法人事務手数料/月1,080円が必要です。

〇お問い合わせ・お申込み〇
こちらのページより参加ボタンを押して下さい。
または、お電話:06-6795-9901
mail:yumiko@lofkyoiku-center.com(担当:渡辺)まで
お願い致します。

ご質問他、お気軽にご連絡下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました