しなやかな頭について考えてみた。

➡︎学習塾の様子

【欲を発動し欲を発動させる事】

情けない事になった時に
まったく もう なんだかなぁ~って思う。
思い付きで行動して情けない事になったら
石の上にも三年 なんて思い
考えすぎていて情けない事になったら
案ずるよりも生むがやすし なんて思う
ことわざを当てはめるようにしてるのは
すっごいすっごい昔の人も
あたしと同じ情けない事になった人がいたからこそ
この、ことわざ達は生き残ってきたんやと思うと
なんだか、救われるしバランスをとるヒントになる
反省しながら脳みそが思考し出す。
だから、子達の授業にも組み込んでいる。
だから、という接続詞の使い方は間違ってるけど・・・
柔よく剛を制す
力を持っている人が必ず強いかというとそうとは限らない。
しなやかさが上回ると力をもねじ伏せることがある
そんな事を話しながら・・・
じゃ、パワーとしなやかさを持つ者は無敵やんか。とか笑った
体の強さとしなやかさから
頭の固さとしなやかさの話に移った
頭がしなやかとは何だろう?
【これ以外にはない!】というのが固さではないか?と仮定を立てて
私たちの頭はしなやかであるか?を調べようとなった。
Q お菓子作りには砂糖は絶対必要だ!そう言うと
彼らは ハチミツでもええやん!と言った。
Q めがねが無ければ物が見えない!そう言うと
彼らは 虫眼鏡もあるやん、望遠鏡も、顕微鏡も、沢山出てきた。
Q 塩がないから困っている。そう言うと

彼らは汗がある!と言って…

オエ~とみんなで笑った。

しなやかでありたい。これは私の願望
願望という事は
私はしなやかではないという事

コメント

タイトルとURLをコピーしました