これで自信がつきはじめる。

➡︎子育て悩み

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”fujiyama1.jpg” name=”こんにちは!藤山智子です”]お子様と初めて会った時は私の方が背が高かった。ご卒業される今、彼女は私を見下ろしている。ずっと一緒に並んで色んな事を話しながら山道を歩いた。人生いろいろあるけど、こんな楽しい事もある。って事を知っていればそれでいい。[/speech_bubble]

これで自信がつきはじめる。

 

保護者様のフィードバック③


身体の老いというものが、静かに足音を立てて近づいてきているのが、
うすうす気づいてきはいるのですが、自分への甘さからなかなか
運動も習慣化できずにいました。口だけでなく、行動される皆さんを見て、
休みがちの体操教室も1回より2回と増やし意識を行動に変えています。
やる前は「面倒くさいな」と感じていても、
終わると頭も身体もスッキリしリセットされたような気がし、
あーだこーだ考えるよりも、まず体を動かすと
心がついてくるんだなぁと感じました。

親子ともに自信をつけるという事

学校で友達とちょっとしたトラブル、忘れ物、テスト勉強と本人のストレスとなるものが重なり、久しぶりにイライラ、部屋に閉じこもってしまいました。

今までだったらこっちがイライラし本人の気持ちに寄り添えず
「宿題を早く終えてほしい」なんて目の前の問題にだけに意識がいってしまいがちでした。でも、最近は「きっと何か理由があるはず」と冷静に関わることができたり、待つということができるようになったなと思います(いつもじゃないんですけど…)。
何故かなと考えた時、今までと変わったことは、
娘の事を信じれるようになった事だと思います。
小さい頃は、心配で、心配で子供の側から離れられない自分がいました。
そういう私の不安な気持ちは子供にも伝わっていたと思うし、
それが彼女を不安にさせていたのかな、とも思います。
次の日、本人はけろっとしてご機嫌。
「私な、1日で生まれ変わってん」と一言。
「1日で、生まれ変われるなんて、すごいな〜」と話すと、
「そや。(藤山)先生にも、いつも頼りにされてるもん」自信満々の表情。
嬉しいです😆 一つ一つの出来事がすぐに結果としてでてこなくても、
こうやって繋がって前に進んでいくんだなと実感できました。
今月もよろしくお願いします。

最後に

いかがでしたでしょうか。
『 これで自信がつきはじめる。 』を紹介させていただきました。
子育ての学びをお子さんだけに、と狭い視野で取り組まれると実感や体感は難しくなるでしょう。育ちの意識をしっかり理解された保護者様はご自身にも取り込まれます。意識するという事をご自身に取り込まれると実感することは大きくなり何より幸せの道へと進んでいく原動力が付きます。
自分に自信を持つ!などとよく言いますが自分を信用するためにはまずは相手を信用するしかない気がします…

自信をもって倒立したいのなら持って支えてくれる相手を
自分以上に信用するしかないから…

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
少しでも何かにご興味頂けましたら
簡単!早い
質問・お問い合わせ・お申し込みは
こちらからお気軽にどうぞ → 📧

LINE@『子育てのツボ』始めました。
LINE@でしかつぶやかないツボ。毎日15:00にお届けいたします。
10月は【ブレインフード】です。
お気軽にLINE@友達追加をどうぞ♪

友だち追加

活字よりも本当はお会いしたい…イベントのお知らせ

活字…めちゃめちゃ苦手です。
ライティング…伝わりにくくて、なにゆ~てんのかわからん事多いです…
だから、本当は皆さんとお会いしてお話したいと常日頃から
想っとります。イベントお時間あえばいらしてください。

子育てで一生の幸せを獲得したい親御さんへ授業をしています。

簡単とかすぐにとか一瞬でとかこれ1回で!とか
あり得ません。魔法とか使えません。
本当に迷わない、思考を広げるのには時間かかります。
思考は子育てにとどまらず人生を作ってゆきます。
マザーズサポータークラス(思考の準備体操クラス)
ペアレンツラーニングクラス(幼児・小学生の子育て)
家庭内療育クラス(中学生・青年期の子育て)

お子様へ直接関わらせていただけると伸ばします。

プロとお子様との関りでご家庭では気づきにくいアプローチや
やるべき事をご提案しやすくなります。
プロと保護者と本人が同じ方向を向いて進みだすと
スピードは加速します。
▶幼児さんから若者への『やまもと式療育教室』
▶小学生への個別指導『空塾』
▶中学生への個別指導『やまもと式トータルサポート』

簡単!早い
質問・お問い合わせ・お申し込みは
こちらからお気軽にどうぞ → 📧

コメント

タイトルとURLをコピーしました