鬼に金棒

大人の自己紹介で自分の得意な事、長所言って下さい。というと

『え~ない・・・』と謙遜やなんやかんやで出てこない。

昨日のことわざは

鬼に金棒!ただでさえ強いのにさらに金棒で強い。

自分の事考えておんなじことわざ作れるで。

『わかる~私な、かわいいのに走るのも早い♡』

先陣を切る彼女のお蔭で負けじと出てくる出てくる

『大きい声やし裸足やし!』『体育上手やし駒もまわせるし!』

俺達ってすごい事いっぱいあるなぁ~!!とつづくが

が!席に座りニヤニヤはにかみ顔で

『いやいやイヤイヤよく恥ずかしくないなあ』

と、もっと推測するなら自分の事自分ですごいなんて

よ~いえますなぁ~ぐらいの勢いを表現している彼が

いてる。だけど彼はちょっと来てとかいって

私に耳元で伝える。

『僕は恐竜が得意なうえに優しい』これは、一発かましとこうと

想い。教室のど真ん中私の大きい声で

『あなたは恐竜が得意なうえに優しいんですね!まさに鬼に金棒じゃないですか!!スゴイ!同感です!』といって

握手をした。彼の顔面は真っ赤になっていた♡

お友達がほんまやホンマ恐竜の事なんでも知ってるもんな♪と

こんな彼の笑顔も私は好き。

笑顔にも色んな種類がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました