京都 子育て学校

乳児教室・幼児教室・小学生塾・中学生塾・高校生自立支援・親の子育て教室

-小学生の個別指導塾の事例-

出て行って。何回言わせるのか。顔も見たくない。

何というタイトルかと見直すけど
タイトルは変えなかった・・・
【出ていけ!と言われて出て行った。】という話
内容は色々あってもっと複雑で
あらゆる角度からのアプローチがあったけど
これだけを抜粋させてもらった。
物事をシンプルに考えたいから。
人はどのような思考で物事をとらえるかは自由だけど
思考したのか?反応したのか?ここら辺の意識かなと思う。
授業に組み込みながらみんなと体験していた。
【だまれ!】そう私が怖そうに彼たちに怒鳴った。
先生のこの言葉の本意は?そう尋ねると。
うるさいんやな。静かにしてほしいんや。授業をやりたいんや。
怒ってんねんで。聞いてほしいんや。
口々に出た。
うるさいのが嫌で静かにしてもらえたら授業ができる
先生の話が聞いてもらえる。そうしてほしいのは何で?
本意は何?そう尋ねると
静まり返った…
もう脳みそ使えへんようになったんか?とあおった。
ここで授業をしっかり聞けたら学校でわからんわからんって
嫌な思いしなくてもええやろ。
しんどい50分の授業中が少しでも楽しめたらええな。そう思ってんねん。
そう伝えると・・・
そんなん、わかるかいなぁ~!!!
はじめっから、そうやって言ってくれたらええねん!と彼たちが言った。
私もそれは最もだと少しうなずいた。

そう言ってくれたらいい。と言った彼から次は
人をコントロールするか自分を変えるかの話に続き
昨日、彼らは随分思考を使ったと思う。

言葉って理解するとか読み取るとかいうけど
どういう事かというと
その本位は?という事。
それは、本人にしかわからないので
手っ取り早く聞いてみるのもええと思う。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

藤山 智子
藤山 智子(フジヤマ トモコ)1975.1.17生 京都子育て学校 代表 1997年に個人塾をはじめ時代とともに形を変え22年目の現在 「人は人の中で育つ」を軸にした子育て学校では 暮らすように学ぶ 【夜ごはん教室】 生きた学習支援 【空塾】 こども農業体験  【あぐり教室】 フィールドワーク 【自然教室】 食育 【パン教室】 夏休み冬休み  【朝ごはん教室】 地域社会との接点【田舎マルシェ】 お母さんの交流 【学力向上研究会】 お母さんの交流 【子育て読書会】 お母さんの交流 【子育てサロン】 などで子達やお母さんたちと関わらせて頂いております。 ▶教育ブロガー 京都子育て学校ブログ https://fujiyamatomoko.xyz ▶教育YouTuber 子育て学校チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCrR8Ml0gQHiihUG15c2QKYw?view_as=subscriber としても活動中 【保有資格】 幼稚園・小学校教育職員免許 食育インストラクター認定プライマリー ミッションステートメント 7つの習慣チームリーディング修了認定