京都 子育て学校

最善を一緒に考えよう!

-小学生の個別指導塾の事例-

作文 感想文 キウイの種

言語理解とか発話とか読解力とか色々あって
作文書けるように。とか、読書感想文の書き方とか
思うところは沢山あるんだろうけど
結局何がしたいんだ?と考えてた。
よく、どこかで話してるけど
藤山さんてどんな人~?と聞かれて
小さくて、声でかくて、なんだか落ち着きない人。と説明するより
朝昼晩と三食 牛丼 食べてるような人だよ。と説明すると
頭の中に一人の女が牛丼屋のカウンターで一人牛丼食べてるイメージが
ボン!とわくんじゃないかなぁ~
そのイメージが正解かどうかはさておき
そんな、人に会ってみたいとか
ぜひとも、会いたくないもんだなぁ~とか色々思うだろうと…笑
香りと匂いは同じようなイメージだけど
ラベンダーのカオリ。と、魚のニオイ。と
香りはグッドスメルの時に使う事が多いし
匂いはバッドスメルの時に使う事が多い気がする。
言語と非言語の両者を大切にバランスを取りたいし
限りなく無駄をそぎ落とした鋭い文章も大切にしたいし
支離滅裂な文章も時にはええんチヤウかと笑う。
昨日、教室でキウイを食べた。
『先生。僕たぶんキウイは初めて食べる』そう言った。
そこから、みんなでイメージをたくさん話して
一文ができた。

僕がキウイを初めて食べた事を書きます。
食べたのは3月17日の金曜日で
17:45頃、塾の教室で食べました。
みんなで食べました。
スプーンですくう人と僕は先生にポン!とキウイを
口に入れられました。
口の中はガリガリしました。
その正体は、種でした。
僕は『キウイいけるかも』と先生に言いました。
お友達が『キウイ食べ過ぎると口が痛くなるで』と
言ったのでもう、やめました。

終わり。

こんな文章が残りました。
出来上がった文章を何度も読みながら
みんなで笑って。
あんだけ、種食べたんやから
おへそから芽がめちゃめちゃ出てくるんやで~って言ったら
『ないないない…ないから…も~先生は…』と言った。
新三年生の授業。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

藤山 智子
藤山 智子(フジヤマ トモコ)1975.1.17生 京都子育て学校 代表 1997年に個人塾をはじめ時代とともに形を変え22年目の現在 「人は人の中で育つ」を軸にした子育て学校では 暮らすように学ぶ 【夜ごはん教室】 生きた学習支援 【空塾】 こども農業体験  【あぐり教室】 フィールドワーク 【自然教室】 食育 【パン教室】 夏休み冬休み  【朝ごはん教室】 地域社会との接点【田舎マルシェ】 お母さんの交流 【学力向上研究会】 お母さんの交流 【子育て読書会】 お母さんの交流 【子育てサロン】 などで子達やお母さんたちと関わらせて頂いております。 ▶教育ブロガー 京都子育て学校ブログ https://fujiyamatomoko.xyz ▶教育YouTuber 子育て学校チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCrR8Ml0gQHiihUG15c2QKYw?view_as=subscriber としても活動中 【保有資格】 幼稚園・小学校教育職員免許 食育インストラクター認定プライマリー ミッションステートメント 7つの習慣チームリーディング修了認定