京都 子育て学校

人生は考えて行動する場所

-自然教室の事例-

ハイグレードほど、子供が社会を経験できる場所はない。ハイグレードとは

自然教室のこんな動画をUPしています。これについてお話していきます。

のびのび か 厳しく かどちらかじゃない。どちらも

言いたいことは 子どもの教育は
『のびのび か 厳しく かどちらか?じゃない。どちらもだよー』って事
自然の中での過ごし方とデパートでの過ごし方はちがう。
友達同士の過ごし方と親戚一同での過ごし方もちがう。
ありのままの私を見て!というのは
自分が楽に過ごせるように過ごすという事じゃないと思ってる。

ハイグレードなお店を用意する

というわけで
上級クラスでは自然教室にプラスしてハイグレードなお店で
お買い物の経験体験をさせます。
それは財布からお金を出す訓練じゃない。
自然の開放的な中から一気に空気感の違うハイグレードな世界へと
場所が変わった事を感じそれに対応できてほしいと思う。
感じたらどう行動するのか
インプットしたらどうアウトプットするか
このインとアウトの一連の行動が人の土台を作るのだと思う。

子どもたちのリアルな行動反応

今から品格あるホテルへお土産を買いに行きます。
くれぐれも品格のある行動でお願いします。
********と子たちに伝えました。

到着するまでに子たちがいろいろ言いに来ました。
『この服装は大丈夫でしょうか?』
『帽子はとったほうがいいでしょうか?』
『先生、心配はいりません私たちは品良い行動は完璧ですから』
『お土産の値段が高くて買えなかったらどうしましょうか?』

子たちが品格についていろんな思考を働かせている事に
本当にうれしく思います。

ホテルに到着すると

自然の中でのびのびと遊んでいた顔つきとは一転して
キリッとした表情になりました。
上級生が
身なりを整え財布を確認し扉前から一礼をし
こんにちは。とご挨拶をしてお土産物屋さんへと入っていきました。
それをしっかり見ながら下級生たちが恥ずかしそうに
いそいそと後に続きました。
買い物を終えると上級生が
『あ~緊張したー緊張したわ・・・』と言いました。
頑張って乗り越えたんだなぁ
頑張りたい乗り越えたいと思っていたんだなぁと感じました。

育てやすい子がいい子なのか?

お手伝いもよくしてくれて、なんでも私の言う事を聞く子が
いい子なのか?それは私にとって都合のいい子ではないかと
思っています。
厳しくすれば大人の都合の良い子供は出来上がるけど
それでは自立の芽が育たない
いつまでも鬼教官の監視のもとには収まっていないから。

好奇心を満たす

子どもの好奇心を満たす。っていうのは最近よく言われてるし
知ってるよ。って人も多いと思います。
じゃあどうするかっていうと
愛情にあふれた時に子どもの好奇心を満たすことができます。
愛情って・・・言い換えると
ゆとりにあふれた時に 子どもの好奇心を満たすことができます。
私もいろんな面からのゆとりに溢れている時には
自然と子どもの好奇心を満たすことができます 。
やっぱり これが基本になるかなぁ

5月26日は初級クラス自然教室です

ご参加お待ちしております!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

藤山 智子
藤山 智子(フジヤマ トモコ)1975.1.17生 京都子育て学校 代表 1997年に個人塾をはじめ時代とともに形を変え22年目の現在 「人は人の中で育つ」を軸にした子育て学校では 暮らすように学ぶ 【夜ごはん教室】 生きた学習支援 【空塾】 こども農業体験  【あぐり教室】 フィールドワーク 【自然教室】 食育 【パン教室】 夏休み冬休み  【朝ごはん教室】 地域社会との接点【田舎マルシェ】 お母さんの交流 【学力向上研究会】 お母さんの交流 【子育て読書会】 お母さんの交流 【子育てサロン】 などで子達やお母さんたちと関わらせて頂いております。 ▶教育ブロガー 京都子育て学校ブログ https://fujiyamatomoko.xyz ▶教育YouTuber 子育て学校チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCrR8Ml0gQHiihUG15c2QKYw?view_as=subscriber としても活動中 【保有資格】 幼稚園・小学校教育職員免許 食育インストラクター認定プライマリー ミッションステートメント 7つの習慣チームリーディング修了認定