京都 子育て学校

最善を一緒に考えよう!

-小学生の個別指導塾の事例-

スイカの種の話

こんにちは!藤山智子です
私が言っていることはでたらめだと思う。だけど私はそう思ってる。

保護者の方々がお迎えに来られる度に交わす会話にスイカの話題がある。
子たちと食べたスイカの種を植えただけで芽が出ている。
『芽が出て育つんですねぇ~』とお母さま方がおっしゃる。
芽は出る!芽は出るんですけどねぇ~花が付くかはわかりません。
ずっと言い続けていたら花をつけた。
『花がつきましたねぇ~!』とお母さま方がおっしゃる。
可能性として雌花はつく!雌花はつくんですけどねぇ~雄花が付くかはわかりません。そう言いつづけてとうとう、雄花が付かない…
雄花が付いたら受粉してどうにかこうにか実をつけたいもんだと思っているけど
いよいよ気温も涼しくなってきた。
そもそも、まく時期が違うから順調にいくはずがないんだけど…
雄花よつけ~って願をかけながら、最終手段の切り戻しをした。
子たちが『何で~切ったの~!』って言ってた。
スイカの最終はどうなるかは知らんけどこの畑が終了したら
旬の食べ物とそれが出来るまでをさかのぼる授業をする。

私がでたらめだけどそう思っているという事は何かというと。
私たちが買って食べたスイカの種からいとも簡単にスイカはできないように
なっている気がする。そんなこと出来たらだれでも無数のスイカが作れる。
スイカの種屋さんが社会に存在しているし
スイカの種屋さんは毎年毎年研究してスイカの種を作って売っている。
どうなんだろう?
そんな事、さっさと調べろよと言われそうだけど
まだ、調べてない。

保護者支援や子たちの教室でも
本の紹介をする事がありますが
この本は本当によく使います。
[amazonjs asin=”4834001296″ locale=”JP” title=”じめんのうえと じめんのした (福音館の科学シリーズ)”]

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

藤山 智子
藤山 智子(フジヤマ トモコ)1975.1.17生 京都子育て学校 代表 1997年に個人塾をはじめ時代とともに形を変え22年目の現在 「人は人の中で育つ」を軸にした子育て学校では 暮らすように学ぶ 【夜ごはん教室】 生きた学習支援 【空塾】 こども農業体験  【あぐり教室】 フィールドワーク 【自然教室】 食育 【パン教室】 夏休み冬休み  【朝ごはん教室】 地域社会との接点【田舎マルシェ】 お母さんの交流 【学力向上研究会】 お母さんの交流 【子育て読書会】 お母さんの交流 【子育てサロン】 などで子達やお母さんたちと関わらせて頂いております。 ▶教育ブロガー 京都子育て学校ブログ https://fujiyamatomoko.xyz ▶教育YouTuber 子育て学校チャンネル https://www.youtube.com/channel/UCrR8Ml0gQHiihUG15c2QKYw?view_as=subscriber としても活動中 【保有資格】 幼稚園・小学校教育職員免許 食育インストラクター認定プライマリー ミッションステートメント 7つの習慣チームリーディング修了認定