①公的な縛りの無い中で暮らすように学ぶ子たちの姿

➡︎夕食の様子

アレルギーでも参加できる!他者と共に育つ根源です
社会で気持ちよく過ごせる子育て
-夜ご飯を共にする塾での事例-
For All Kids
[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”fujiyama1.jpg” name=”こんにちは!子育て教育家 藤山智子です”] 全人格を豊かに皆さまと共に育ちたい。深刻なお悩みを抱えられる子育てママの為の公の所では目の行き届かない1人1人のお子様と関りを深めています。 [/speech_bubble]
-良く閲覧される記事はこちら-
*【3歳から小学校入学までの『壮絶な成長発達の話』】
*【こども山登りで子たちが考え創造し選択して成長する話】
*精神的な充実がある人とない人ではそれは子育ても変わってくる話『お母さんの為の子育て読書会』
*小学生のパン教室で自分で作れる喜びを知る話

①公的な縛りの無い中で暮らすように学ぶ子たちの姿

今回は社会で気持ちよく過ごせる子育て -夜ご飯を共にする塾での事例-第1話をお伝えしてまいります。
第1話~全てはこちら→【夜ご飯を共にする塾での事例】

 子たちがずっと質問しています。

夜ご飯を共にする学習教室-For All Kids-
17:00~20:00のご家庭の時間を少しお借りしまして子たちと共にどのように育ってゆこうかと皆さまのご協力を得て始めております。


クックパッドを操作し
準備を始めてゆきます。

『先生。大きさは?』
ええ感じで。
『先生。形は?』
ええ感じで。
『も~それ答えになってないで!』
何度も何度もクックパッドの画像を見に行きながら
『俺いちょう切りにしよう!どう思う?』
食べやすいし見た目がかわいいなぁ~

『みじん切りっていうのはこういう事やで先生!』
ほんまやなぁ~細かいなぁ~

『先生。皮むきは?』
持ってくるの忘れた…とってくるわ。
『もうええで、これくらいなら皮むけるわガンバロー』

『魚がにゅるにゅるで気持ち悪い気持ち悪い…』
気持ち悪いのに何で魚の前にいるん?
『気持ち悪いけどやりたい!塩コショウ少々って?』
少々でお願いします!
『それリピートしてるだけやん!』

この作業での会話は
歯が抜けそうな話(笑)

『味見が重要だ!』
ポテトサラダの味見は何度も行われる。

『先生盛り付けは?』
オシャレによろしく!
『はいはーい♪』
何一つ役割は決めなかった。
なのにみんなが何かの役割を果たしている。

『これがクリスマスローズよ♪』
おうちのお花でテーブルセットも子たちが行います。
『先生検索したいんですけどいいですか?』
彼が検索したのは
クリスマスローズの花言葉
慰め・安らぎでした。

子たちが学校での話をそれぞれ始めだす。
子たちも子たちでなかなか大変だ。
『ここでの話はトップシークレットよ♪』と
子たちが1つ約束を決めた。
『クリスマスローズは今日の僕たちにはぴったりだ。』
そう言ったのが心に残っています。

『先生。電気を消したいです。』
ランプの明かりで十分でした。

70分間の学習が始まると
教室は静まり返って
『先生、質問』っていう声しか
聞かなかった。

保護者の方へ翌日や
1週間の少しの変化のフィードバックをお願いして
新しい場所作り始まりました。

本当に自分のやっている事は良い事なんだろうか
一日の終わりに考えていました。

無料体験中!

お問い合わせやお申し込みは
公式LINE@が簡単便利です!
こちらの友達追加をクリックでどうぞ。
友だち追加
メールの方は
こちらからお気軽にどうぞ → 📧

さて、次回のお話は第2話は
こちら→②宿題に素早く取り組める理由

イベントのお知らせ

本当は皆さんとお会いしたいと
想っております。
>>>>>イベント
お時間あえばいらしてください。

子育て講座をしています。

簡単とかすぐにとか一瞬でとかこれ1回で!とか
あり得ません。魔法とか使えません。
答えは一つじゃないから、思考を広げるのには時間かかります。
思考は子育てにとどまらず人生を作ってゆきます。
マザーズサポータークラス(思考の準備体操クラス)
ペアレンツラーニングクラス(幼児・小学生の子育て)
家庭内療育クラス(中学生・青年期の子育て)

子達の教室各種

人が作る人の場所で
保護者と本人が同じ方向を向いて進みだすと
人生がうまくいく
▶幼児さんから若者への『やまもと式療育教室』
▶小学生への個別指導『空塾』
▶小学生への 夜ご飯を共にする学習教室For All Kids
▶中学生への個別指導『やまもと式トータルサポート』

お問い合わせやお申し込みは
公式LINE@が簡単便利です!
こちらの友達追加をクリックでどうぞ。
友だち追加
メールの方は
こちらからお気軽にどうぞ → 📧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました